グリーンルイボスティーは冷え性対策に有効な3つの理由

グリーンルイボスティー 冷え

冷え性に悩む女性は少なくないですよね。ただ寒いだけではなく、体に不調も来たしてしまう冷え性。とくに妊活中の女性にとっては大きな悩みの種となりますよね。実はグリーンルイボスティーは辛い冷え性対策にもおすすめ

暖かな地域で栽培されているルイボスが原料なので、体を冷やすと思われるかもしれません。でもそんなイメージとは裏腹に、冷えにも嬉しい効果が詰まっているんですよ。

紅里
最近、手足の先が冷えるんですよね。暖かい季節はまだいいんですけど、冬になったら辛いですよね~。
T博士
そうぢゃなぁ。しかも冷え性は寒いだけじゃなくて、体にも良くないからのぅ。今のうちからグリーンルイボスティーを飲んで冷え性対策をバッチリするのぢゃ!

いつも寒いだけではなく、妊活にも悪影響な「冷え」

冷え性のひとは全身や手足の先などが冷えやすく、普通のひとが平気な温度でも「寒さ」を感じやすいです。体温が低い低体温症とは異なります。寒い季節だけではなく、暑い季節でも冷え性の症状はでます。

冷えにより子宮の働きも悪くなる可能性があり、それにより妊娠しにくい体質となっている可能性も。

冷え性は自覚症状があるひとだけでなく、実は冷え性であるということも少なくありません。まずはどのようなことが原因で冷え性となるのかをみていきましょう。

冷えの原因ってどんなこと?

冷え性の原因は一つだけではなく、さまざまな要因が重なっていることも多いです。体が冷える原因として主に考えられているのは二つ。

  • 体内で熱をうまく作れない
  • 血行不良で熱を体のすみずみへと運べない

それではなぜ、体内で熱をうまく作れなくなったり、血行不良になったりするのでしょうか?

食事のバランスが偏っていて摂った栄養を熱に変えられない

体内で熱を作るためには、きちんとした食生活が大切です。食生活が乱れて栄養バランスが偏ると、体を作るのに必要なタンパク質や脂質、エネルギー源となる炭水化物などが不足してしまいます。

体内で熱を作るのに重要な筋肉量の低下にも繋がり、熱の生成量が少なくなる可能性があります。

また体内の代謝機能には、ビタミンやミネラルの存在が重要です。ビタミンやミネラルが不足すると摂取した栄養をうまく熱に変えられなくなり、冷えの原因になり得るのです。

露出の多い服装が原因

露出の多い服装も体を冷やす原因の一つです。

とくに手首足首などの血管が集中している場所を冷やすのはよくありません。体内を巡る血液の温度が下がってしまうことで、冷えの原因になります。

熱中症対策に手首や首などを冷やしますよね。

またお腹の露出もよくありません。外側から内臓の冷えにつながる可能性があります。

服装でいえば、指先を圧迫する細身のヒールや締め付けのキツイ下着も注意が必要です。締め付けにより血行を悪くする可能性があります。

自律神経のバランスが崩れている

体温調節には自律神経の働きが重要です。

自律神経には血管を収縮させる交感神経と、血管を緩める働きのある副交感神経の二つで成り立っています。これらがバランスよく働くことで、正常な体の働きが保たれています

自律神経のバランスが悪くなることで、血流が悪くなり冷えにつながるのです。

ストレス生活習慣の乱れ喫煙習慣などさまざまなことが、自律神経を乱れさせる原因となり得ます。

女性ホルモンの分泌が乱れている

女性ホルモンバランスが乱れると体の不調につながりますが、冷えの原因になるともいわれています。女性ホルモンのバランスが乱れると自律神経も乱れて、体が冷えると考えらるのです。

女性ホルモンの分泌を乱れさせる原因には、ストレスや過度なダイエット、食生活の乱れなどがあります。

グリーンルイボスティーは冷えにも効く

グリーンルイボスティーには冷えの改善に効果的といわれる作用がいくつもあります。グリーンルイボスティーがなぜ冷えによいのかをみていきましょう。

理由1:アスパラチンがホルモンのバランスを整える

グリーンルイボスティーにはフラボノイドが豊富に含まれていて、そのなかの一つにアスパラチンがあります。ルイボス特有のフラボノイドです。

アスパラチンは女性ホルモンエストロゲンと似た働きをするといわれています。

さらにアスパラチンは、副腎皮質で作られる副腎ホルモンの生成を減らす作用があります。

副腎ホルモンはストレスを感じたときに多く分泌されるホルモンです。ストレスによって副腎ホルモンばかり作られると副腎皮質が疲れてしまいます。

女性ホルモンは副腎皮質でも少量ながら作られています。

アスパラチンはストレスによるダメージを緩和することで、ホルモンバランスを整えることに役立つのです。

優れた抗酸化力もポイント

アスパラチンは強い抗酸化力を持っているため、活性酸素を取り除く力に優れています。酸化ストレスは血管にダメージを与え血流を悪くするので、冷えにもよくありません。

また酸化ダメージは、女性ホルモンを作る卵巣にも影響します。優れた抗酸化作用が卵巣の健康を保つことにつながります

理由2:豊富なミネラルに体温を上げる働きがある

食べ物から熱やエネルギーを作るためには、ビタミンやミネラルが欠かせません。しかしビタミンやミネラルは体内で作ることができないため、食べ物から摂る必要があります

グリーンルイボスティーには体温を上げるのに必要な、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

理由3:ノンカフェインなので交感神経を刺激しない

水分補給は冷え性の対策に必要ですが、カフェインの入った飲み物には注意が必要です。カフェインを摂ると目が覚める作用があります。これは交感神経を刺激しているからです。

多少ならば問題ありませんが、カフェインを過剰に摂ることで自律神経のバランスに影響して体を冷やす可能性があります。

グリーンルイボスティーはノンカフェインなので、問題ありません。

カフェインは利尿作用もある

カフェインには利尿作用があります。排尿は水分を排出すると同時に、体温を外に逃がす作用も。排尿時に血管が収縮することも、冷えにつながるといわれています。

カフェインの利尿作用でトイレの回数が増えると、体温が下がって冷えにつながる可能性があるのです。

グリーンルイボスティーはノンカフェイン:ママと赤ちゃんのためのお茶

グリーンルイボスティーは非発酵だから冷えるのでは?

紅里
博士!グリーンルイボスティーが冷えにいいってことですけど、確かルイボスティーと違って非発酵なんですよね?

発酵製品には体を温める効果があって、非発酵は体を冷やすってきいたことがあるんですけど、グリーンルイボスティーは非発酵なのに大丈夫なんですか?

T博士
グリーンルイボスティーが非発酵なのはたしかぢゃな。たしかに発酵食品には発酵食品のよさがある。

しかしの、グリーンルイボスティーは非発酵だからこそ栄養素が豊富なのぢゃよ!

血行を良くする成分が豊富なので冷えない

発酵食品は体温を上げるのに効果的だといわれています。グリーンルイボスティーはルイボスの葉を急速乾燥させて作り、発酵させません。

しかし発酵の過程で失われてしまう栄養素がそのまま残るため、栄養素がしっかりと残ります。

フラボノイドの全体量は約10倍ともいわれていて、ルいボス特有のアスパラチンは約40倍とも。

血行を良くする成分が豊富なため、体を冷やしません

どうしても気になるならホットか常温で飲もう

グリーンルイボスティーに体を冷やす成分は含まれていませんが、気になる場合にはホットが常温で飲むようにしましょう。

冷たい飲み物の飲み過ぎは、胃腸に負担をかけて体の内側から冷える原因の一つともなります。グリーンルイボスティーに限らず冷えに悩んでいるときにはホットか常温で水分を摂るとよいでしょう。

グリーンルイボスティーの飲み方は自由自在!アレンジレシピでさらにおいしく

妊活同様、体質改善には時間がかかる

グリーンルイボスティーは冷えによい作用をたくさんもっています。温かいお茶を飲んで一時的に体が温まることはあっても、根本的な体質改善には時間がかかります。

そのため継続的に飲むことがおすすめで、できれば毎日のお茶に取り入れたいところです。

グリーンルイボスティーはおいしいので続けやすい

毎日飲むとなると、味が重要になってきます。

ルイボスティーもおいしいお茶ですが、発酵させているため特有の味や香りがあります。その特有の味や香りがおいしいのですが、なかには苦手と感じるひともいるでしょう。

グリーンルイボスティーは非発酵なので、ルイボスティーのような特有の香りや味が抑えられています。紅茶ににた味わいながら、くせや渋みがなくさっぱりと飲める味です。

好みはありますが、グリーンルイボスティーはおいしく飲めて続けやすいお茶といえるでしょう。

グリーンルイボスティーの味:緑茶のようにおいしいから続けられる

続けやすいメーカーのグリーンルイボスティーを選ぶことが大事

味だけでなく、どの商品のグリーンルイボスティーを選ぶかも大切です。メーカーによっては安い商品もありますが、どうせ飲むのなら品質がよく安心して飲めるものがいいですよね。

毎日飲むのなら値段の手軽さや、購入のしやすさも大切です。

冷え症の人が妊活するならベジストーリーのグリーンルイボスティー

ベジストーリーのグリーンルイボスティー

総合★★★★★
★★★★★
品質★★★★
栄養★★★★★
飽きが来ない★★★★
手軽さ★★★★
お値段(安さ)★★★★★
紅里
博士~!結局のところ冷え性におすすめのグリーンルイボスティーはどれになるんですか~?
T博士
それはベジストーリーのグリーンルイボスティーぢゃな!定期コースでお得に買えるしのぅ。安全性もしっかりしておるから、妊活中の女性にもぴったりなのぢゃ!

定期コースなら毎月自動で届くので買い忘れがなく続けやすい

ベジストーリーは通常購入と定期購入から選ぶことができ、定期コースは1~2袋の購入と、3袋以上の購入があります。

1袋あたりの価格を比べると次のようになります。

  • 通常価格:1,699円(税別)
  • 定期コース(1~2袋):1,499円(税別)
  • 定期コース(3袋以上):1,299円(税別)

3袋以上の定期コースなら、通常より1袋400円もお得です。3袋以上とはいってもお届け間隔を1ヶ月ごと、2ヶ月ごと、3ヶ月ごとで選ぶことができます。

価格がお得になるのはもちろんのこと、定期コースなら買い物にいく手間が省けますし、買い忘れがないので続けやすいです。

有機JAS認定、専用農家で栽培。赤ちゃんのためにも安心

妊活中の場合、赤ちゃんに悪影響となるものは避けたいところ。ルイボスは南アフリカ共和国でしか栽培することができず、国産の茶葉はありません。

しかしベジストーリーでは専用農家で栽培され、日本の有機JAS認定を受けた茶葉のみを使用しています。

高品質で安全性の高い原料を使っているので安心です。

ベジストーリールイボスティーの評判:妊活以外にも家族で安心して飲める

はかせのまとめ

  • 冷え性はただ寒くて辛いだけではなく、妊娠のしやすさにも影響してくるのぢゃ。たかが冷えだと思わずしっかりとした対策が必用ぢゃな!
  • グリーンルイボスティーは冷え性に効果的な作用をたくさん持っているぞ。温かい地域の植物だから体を冷やすということはないのぢゃ!
  • 妊活中で冷えに悩んでいるひとにおすすめなのは、ベジストーリーのグリーンルイボスティーぢゃな!定期コースで400円お得ぢゃ!もちろん味もおいしいのぢゃ!

おすすめグリーンルイボスティー診断が今なら無料

お茶にやたらと詳しいT博士が、5つの質問に答えることであなたの好みと目的に合った最適なグリーンルイボスティーを診断してくれます。診断にかかる時間は10〜20秒程度です。無料で診断できるので、グリーンルイボスティーを検討している方はぜひ試してみてください。