なぜ、グリーンルイボスティーが花粉症対策に有効なのか?

グリーンルイボスティー 花粉症

春先、暖かな日差しが気持ちの良い季節です。でも、花粉症の方にとっては本当に辛い季節ですね。外に洗濯物が干せない、外出できないなど、晴れている日ほど憂鬱になってしまいます。

しかし、グリーンルイボスティーを取り入れることで花粉症の症状が楽になることをご存知でしょうか?

紅里
博士~。花粉症で悩むママ友がいるんですが、何かおすすめのお茶はないですか?洗濯物やお布団を外に干せないし、天気がいいのにお散歩にも行けないみたい。薬は飲みたくないみたいだし、力になってあげたいんです。
T博士
それはかわいそうぢゃの~。わしのおすすめはグリーンルイボスティーぢゃ。グリーンルイボスティーには、花粉症などのアレルギーの症状を和らげる働きがあるんぢゃ。しかも、ノンカフェインぢゃから安心ぢゃぞ。

花粉症は外出や家事を制限してしまう

花粉症 部屋

鼻水やくしゃみ、鼻づまり、目のかゆさ、ひどいときは頭痛まで・・・。そう、花粉症の症状です。家の中にいればそこまで出ない症状でも、洗濯物を干すためなど、1歩外に出ると一気に症状が現れて、家に戻ってもなかなか収まらないことがあります。

鼻づまりで呼吸が浅くなり頭がぼーっとする、ティッシュペーパーを片手に何にもやる気が出ない、そんな状況に陥ることもあります。

そうなると、買い物など外出もしたくない、洗濯物を干すのも取り込むのも嫌になるなど、外出や家事にも支障をきたしてしまいます。本当に辛いですよね。

しかも、今まで花粉症になったことがないという方でも、突然花粉症の症状が出るようになることがあるのです。一体、花粉症の原因とは何なのでしょうか?

花粉症の原因って?

花粉症の原因は、花粉を体が外敵と判断するために起きる症状です。つまり、花粉に対するアレルギー反応です。人によって反応する花粉は異なります。一般的にスギやヒノキ、イネ科の植物の花粉に反応する方が多いようです。

では、体に花粉が入った時、体内ではどのようなことが起こっているのでしょうか?

わたしたちの体には免疫機能という、体内に入ってきた細菌やウイルスという外敵を撃退する自己防衛システムがあります。そして、免疫機能が外敵を撃退するために作り出す道具を抗体といいます。

抗体には種類があり、花粉などアレルギーの原因を撃退するときにはIgE抗体と呼ばれる抗体が作り出されます。本来なら極めて微量にしか存在しないIgE抗体ですが、花粉を外敵とみなすと花粉が体内に入ってくるたびにIgE抗体を作り出すようになります。

IgE抗体は一定量を超えると、日ごろは不活性状態にあるヒスタミンなどの化学物質が一気に放出されます。ヒスタミンが放出されると体は花粉を排出しようとします。排出しようとする働きとして、鼻水やくしゃみ、目のかゆみが引き起こされるのです。

こんなことが花粉症対策に有効

飲み会 断る

花粉症対策として外出時はマスクやメガネを身に着けたり、花粉が付着しにくいアウターを着たり、必ず家に入る前は服の花粉を払い落とすなど、花粉をとりいれないよう気を付けていることでしょう。

しかし、この季節に完全に花粉をシャットアウトすることは不可能なので、症状が悪化しないための対策をとることも重要です。そこで、日ごろから気を付けたいことがあります。

アルコールを控える

アルコールは花粉症を悪化させてしまいます。というのは、アルコールは肝臓で「アセトアルデヒド」という有害物質に分解されます。のちに、無害な酢酸へと変化するのですが、このアセトアルデヒドはヒスタミンを増加させます。

ヒスタミンは鼻水やくしゃみなどの症状を引き起こす原因となる物質です。結果、花粉症の症状がひどくなってしまうのです。ですから、花粉症の症状が出る時期は、アルコールをなるべく控えましょう。

高たんぱく高脂質の食事を避ける

高タンパク質高脂質の食事が、アルコールのように直接花粉症の症状を悪化させるというわけではありません。しかし、こうした食事をとり続けていると、症状を悪化させてしまいます。

なぜなら、高タンパク質高脂質の食べ物は、腸内の悪玉菌を増やしてしまうからです。つまり、腸内環境が乱れてしまうのです。では、腸内環境の乱れと花粉症はどのような関係があるのでしょうか?

花粉症は、わたしたちの体の免疫機能の働きと関係していましたね。そして、この免疫機能と深い係わりがあるのが「腸」なのです。腸内環境が整えば免疫機能の働きは正常になり、花粉症の症状の緩和や改善につながるといわれています。

ですから、腸内環境の乱れを防ぎ花粉症の症状を抑えるため、高タンパク質高脂質の食事を避けることは重要なことなのです。

発酵食品で腸内環境を整える

花粉対策 味噌汁

花粉症の緩和と腸内環境は関係しているので、日ごろから腸内環境を改善する食べ物を取り入れることも大切です。腸内環境を整える食べ物といえば、発酵食品です。発酵食品には乳酸菌がたくさん含まれているため、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整えてくれます。

味噌や納豆、漬物、キムチ、ヨーグルトなど発酵食品は身近な食材です。花粉の時期だけに限らず、毎日または定期的に発酵食品を取り入れるよう意識するなら、腸内環境は整えられ花粉症の症状を和らげることにつながるでしょう。

花粉症対策ならグリーンルイボスティーもおすすめ

ルイボス バッグ

花粉症対策として薬以外の方法で対処したいと思う方には、グリーンルイボスティーもおすすめです。グリーンルイボスティーは、日本の緑茶と同じように非発酵させて製造されます。

グリーンルイボスティーは、通常のルイボスティーと比べると栄養成分が豊富で、花粉症の症状を抑える成分が多く含まれています

ヒスタミンを抑えるケルセチンが含まれている

花粉症の症状を引き起こすヒスタミン。アレルギー症状を抑える薬には、このヒスタミンの働きを抑えるための「抗ヒスタミン剤」が含まれています。薬の効き目は強いかもしれませんが、眠気を引き起こすというデメリットがあります。

正確にいうと、眠気が強くなるというよりは、脳の判断や思考という働きが低下してしまうのです。というのも、ヒスタミンには脳を活性化するという役割があるからです。つまり、抗ヒスタミン剤はヒスタミンの全ての働きを抑えてしまうのです。

グリーンルイボスティーには、このヒスタミンを抑えるケルセチンという成分が豊富に含まれています。しかし薬とは異なり、ヒスタミンの働きを抑えるというよりも、ヒスタミンの過剰な分泌を抑える効果があるので、眠くなることはありません。

グリーンルイボスティーには、副作用のない自然の抗ヒスタミンが含まれているのです。

豊富なミネラルが免疫力を高めるのに役立つ

グリーンルイボスティーにはカルシウム・鉄分・亜鉛・セレンなどのミネラル類も豊富に含まれています。このミネラル成分は、免疫力アップには欠かせません。花粉症の症状には、免疫機能の過剰な働きが関係しています。

ですから、免疫機能のバランスが改善されれば、花粉症の症状も緩和されることを期待できます。

グリーンルイボスティーの栄養:お茶で不足しがちな栄養を補給できる

フラボノイドが活性酸素を除去

活性酸素という言葉を聞いたことがおありでしょうか?活性酸素は免疫機能の一部として働いていますが、大気汚染や食品添加物、ストレスなどが原因となって増加すると、逆に免疫機能のバランスを崩してしまうのです。

グリーンルイボスティーには余分な活性酸素を除去するフラボノイドという、抗酸化成分が豊富に含まれています。さらに、フラボノイドの一種であるアスパラチンという成分も含まれています。

この抗酸化成分の働きにより余分な活性酸素が除去されると、免疫機能のバランスが保たれ花粉症の症状は軽減されます

紅里
確か、抗酸化作用には老化を防ぐ効果もありますよね。グリーンルイボスティーを飲んで若返ることもできるのかしら?うれしいわ!
T博士
そうなんぢゃ!わしもグリーンルイボスティーのおかげでこの若さをたもてているんぢゃよ。ふぉふぉ!
紅里
・・・。
のんか
・・・。(博士を見つめている)

グリーンルイボスティーはノンカフェイン

お茶 リラックス

 

薬のような副作用がないグリーンルイボスティーで、花粉症の症状が改善されるとうれしいですよね。さらに、うれしいことにグリーンルイボスティーはノンカフェインです!花粉症の症状が夜出やすいという方は、夜に飲んでも眠れないとうことがないので安心です。

リラックス効果でアレルギー症状が悪化しにくい

ストレスが花粉症などのアレルギー症状を悪化させることが、心理医学の研究で報告されています。わたしたちの体はストレス状態にさらされると、自律神経が乱れて眠れなくなったり、活性酸素が増加したりして免疫機能がバランスを崩してしまいます。

しかし、グリーンルイボスティーに含まれるフラボノイド、アスパラチンには活性酸素を除去する働きがあります。よってストレス軽減効果を期待でき、体をリラックス状態へと導いてくれるのです。睡眠もしっかりとれるようになるので、免疫力アップにも効果的です。

薬を避けたい子供や妊娠中のママでも安心して飲める

お茶 子ども

花粉症の症状を抑えるための薬に含まれる抗ヒスタミン剤は、子どもが服用すると様々な副作用をもたらし、ひどい場合は痙攣を誘発することもあります。

しかし、グリーンルイボスティーは副作用がなく、しかもノンカフェインなので子どもや妊娠中のママ、授乳中のママも安心して飲むことができます

グリーンルイボスティーはノンカフェイン:ママと赤ちゃんのためのお茶

紅里
家族みんなが安心して飲めるのはうれしいわ!ノンカフェインだから、わたしも安心して飲めるわ。ママ友にも教えてあげましょ!
T博士
ふぉふぉ。のんかちゃんのような乳幼児にも影響を与えることもないから安心ぢゃよ。

花粉症対策で買うならベジストーリーがおすすめ

ベジストーリーのグリーンルイボスティー

総合★★★★★
★★★★★
品質★★★★
栄養★★★★★
飽きが来ない★★★★
手軽さ★★★★
お値段(安さ)★★★★★

花粉症対策でグリーンルイボスティーを試してみたいなら、ベジストーリーがおすすめです。

やはり合う合わないがあるので、お試しができると助かりますよね。また、続けて飲みたいと思っても高すぎると迷ってしまいますよね。ベジストーリーなら、そんな点も解決してくれます。

定期コースは1か月1,299円~と格安なため、家族みんなで飲める

ベジストーリーのグリーンルイボスティーは、定期コースで頼むと1袋(ティーバッグ2g×30個入り)が1,299円~という安価で購入できます。しかも、送料無料です。

1~1.5ℓのお湯にティーバッグ2~3包を入れ煮だして作り置きしておけば、大量にでき、家族がいつでも飲めるので便利です。

解約・休止が自由。花粉の時期だけ頼むことも可能

しかも、定期コースなのに1回だけの注文でも解約できるのです。とりあえず1ヶ月のお試しでも試しでも、続けて飲むにしても格安値段で頼めるということです。

また、休止も自由にできるので、花粉の時期だけ頼むことも可能です。飲まないのに届くという無駄がなくて助かりますね。

以下の記事でも、ベジストーリーのグリーンルイボスティーについて詳しくレビューしています。

ベジストーリールイボスティーの評判:妊活以外にも家族で安心して飲める

はかせのまとめ

  • 辛い花粉症は外出や家事にも支障をきたすから大変ぢゃ。日ごろからアルコールを控えたり、発酵食品で腸内環境を整えることで症状を緩和させることができるんぢゃ。
  • 辛い花粉症の症状を緩和させるのに、わしはグリーンルイボスティーをおすすめするぞ!グリーンルイボスティーには、花粉症を引き起こす原因を抑える成分が含まれているので、症状を緩和させるんぢゃ。
  • グリーンルイボスティーは、ノンカフェインぢゃから子どもも、妊娠中のママも授乳中のママも、もちろん家族のために働くパパも、だれもが安心して飲めるんぢゃよ。

おすすめグリーンルイボスティー診断が今なら無料

お茶にやたらと詳しいT博士が、5つの質問に答えることであなたの好みと目的に合った最適なグリーンルイボスティーを診断してくれます。診断にかかる時間は10〜20秒程度です。無料で診断できるので、グリーンルイボスティーを検討している方はぜひ試してみてください。